あなたの鼻炎は? 知っておきたい3つの鼻炎

鼻炎というと鼻が出る疾患ですが、実は一口に鼻炎と言っても1つではありません。
ウイルスや細菌による鼻炎や花粉症による鼻炎、粘膜以上による鼻炎とそれぞれ原因や症状も異なっています。
そこで、それらの3つを1つずつ紹介していきましょう。

①粘膜異常の鼻炎

慢性的に鼻腔の粘膜に炎症がおこっているものを「慢性鼻炎」といいます。
慢性鼻炎には炎症のみの慢性単純性鼻炎と、炎症によって鼻腔や周辺組織が厚くなった慢性肥厚性鼻炎の2つがあります。肥厚性の鼻炎になってしまうと薬での治療は難しく、手術が必要となるため、単純性鼻炎の状態で治すことが大切です。

単純性鼻炎の治療は、治療薬の服用や点鼻薬で直接鼻の粘膜に薬を噴射することで、
鼻腔内の粘膜にある腫れを改善させていく方法をとっています。

慢性の炎症なので根治には時間がかかりますが、根気よく治療し続けることが大切になってきます。

②ウイルス・細菌が原因の鼻炎

ウイルスや細菌が原因となる鼻炎は「急性鼻炎」といい、一時的な症状がほとんどです。
細菌が原因の場合は抗生物質の服用で原因となる細菌を排除することができますが、残念ながらウイルスに対しては特効薬というものはなく、自己治癒力で症状が治まるのを待つしかありません。

どちらも症状を緩和する薬を上手に使い、原因となるウイルスや細菌がいなくなるのを待ちましょう。
症状を緩和する薬には、鼻水が出にくくなるものと、鼻の粘膜を収縮させて鼻の通りを良くするものがあります。

③花粉・ハウスダストが原因の鼻炎

花粉やハウスダストが原因の鼻炎は「アレルギー性鼻炎」です。花粉やハウスダストが直接的な鼻炎の原因なのではなく、身体の免疫反応が過剰に動くことが原因となり、鼻水が出たり鼻づまりになったりします。

アレルギーの原因となる物質は様々ですが、特に代表的なものは花粉、カビ、ハウスダストです。
スギ花粉の多い春先や、カビの多い梅雨時期、換気が悪くなり埃がたまりやすい冬に症状が出やすいでしょう。免疫機能の異常のため、体質を改善してアレルギーに反応しにくい身体をつくることが大切です。

その口臭もしかしたら鼻が原因!?

口臭が気になる人はもしかしたら、鼻が原因かもしれません。

胃腸が悪いなどの特別な症状もないうえに、こまめな歯磨きや口臭ケアをしても口臭が気になるのであれば、鼻に口臭の原因があるのではないでしょうか。

口と鼻は繋がっており、鼻の異常がもとで口臭が酷くなることがあるのです。

口呼吸が口臭の原因

鼻の通りが悪く、ついつい口呼吸をしている人はいませんか。
口呼吸が原因で口臭が酷くなることがあるのです。

鼻が詰まるとどうしても口呼吸になってしまいます。
しかし、もともと口は呼吸のための器官ではありません。
口呼吸をすると、口の中の環境を整える唾液が乾燥して、口臭の原因である細菌が繁殖しやすい状態になります。

いくら口のケアをしても細菌を根絶することはできません。
そのため、口臭対策には細菌の繁殖を抑えることが重要なのですが、口呼吸をしていると細菌がどんどん繁殖していき、口臭が発生する原因になってしまいます。

代表的な鼻の疾患

他にも、鼻の疾患が原因で口臭が発生することがあります。
口臭の原因となりやすい「副鼻腔炎」は、以前「蓄膿症」とも呼ばれていた、鼻の中が炎症して膿を発生させることもある疾患です。

主な原因は風邪やアレルギーによる免疫力が低下することによる鼻腔の炎症で、鼻水、鼻づまりをおこします。重症化すると嗅覚障害や頭痛、歯痛、咳などの症状も併発し始め、あまり酷い場合は粘膜除去の手術が必要になります。

鼻の疾患と口臭の関係

副鼻腔炎に限らず、鼻の疾患になると大抵鼻水が出たり、鼻が詰まったりします。それらの症状が酷くなると鼻水が鼻だけで収まらず、喉にも落ちてくるようになります。そしてそれらが喉で停滞し、次第に臭いを発するようになってきます。

鼻が原因の口臭は、どんなに歯を磨いても口臭スプレーをしても、改善することはありません。まずは鼻の疾患の治療が必要なのです。副鼻腔炎などの鼻の異常は、耳鼻科で治療

を行っています。心当たりのある方にはぜひ病院で診察を受けて、治療をすることをお勧めします。

薬に頼らない鼻炎対策なら! もちろん眠くなりません!

鼻のズルズルが止まらなかったり、鼻が詰まって息苦しかったり、頭がボーとして集中できなかったり・・・

鼻炎の薬を飲めば鼻水はとまって、鼻のとおりもよくなるのですが
鼻炎の薬は眠くなってしますので飲めない・・・

ezoshiki

もちろん、眠くならない鼻炎の薬はあります。
第2世代と呼ばれている抗アレルギー薬がそれです。

・アレグラFX(唯一、眠気の副作用がない)
・アレジオン10
・ストナリニZ

でも薬には副作用や制約があります。
例えば「アレグラFX」 こちらは決められた時間に等間隔で飲む事が効果が持続するものですから、決められた時間に毎日飲む事が出来ない人には効果が期待できません。また抗炎症作用がなく、効き目がないという人も少なくありません。

その他にあげた薬も「眠くならない」のではなく、「眠くなりにくい」鼻炎の薬です。

 

 

薬に頼る鼻炎対策はもう辞めませんか?

あなたにとってベストな鼻炎対策がこちらかもしれません。